うるとらスタイル

海外でパワーをもらう♪シンガポールほか現地で楽しむコツ、最新情報発信中!イベント・ライブやカフェ・レストランなど♪ほっこり・癒やしネタもお届けします!

最新・保存版!シンガポール出国で気をつけること①2018/1

f:id:ultramarinese:20171228091750j:plain

今回は、2018年1月1日から実施される、チャンギ国際空港での重要な変更などについてまとめました!

 

なにが変更されるの?

チャンギ空港では、1月1日より

 ー最終搭乗案内のアナウンス

 ー搭乗予定客の放送による呼び出し

がなくなります

 

より重要な

 ー緊急事態

 ー迷子

 ーパスポートの紛失・拾得

 ーフライトの遅延

 ーゲートの変更

などは、引き続きアナウンスされます

 

より静かな空港を目指して・・

空港を運営しているチャンギ・エアポート・グループの広報担当者によれば、

「空港を利用するお客様とフライトが増える中で、今の状態だとお客様のアナウンスに対する注意力がそがれ、より重要な放送を聴き逃してしまうことを心配しています」

 

現在、チャンギ空港の各ターミナルでは、5分に1回程度の放送が行われていますが、これが半分に減ることで、より静かでリラックスできる環境を目指したい、とのこと

 

他の空港では?

実際、アナウンスを減らすことでより静かな空港を目指す動きは、既に他でも行われています!

 

例えば、香港空港では、最終搭乗案内の放送はされていません

ブリュッセル空港では、緊急事態の場合のみ放送が行われます


じゃあ、搭乗案内はどうやって確認?

搭乗口は出発の10分前にクローズとなりますので、お忘れなく!

各航空会社では、チェックイン時に乗客に搭乗時間をしっかり伝え、ゲート到着が遅れないように促していく、とのことです

 

また、

 ーターミナル内のフライト情報スクリーン

 ーチャンギ空港のウェブサイト

 ー公式アプリiChangi

などで、情報のアップデートを確認できます

 

なお、空港では無料でwifiが使えるほか、インターネットが使える台(インターネットターミナル)が設置されていますので、便利です

もう一つの気をつけること!出国時の自動化ゲート

また、入国審査の時に、親指の指紋をスキャンを行ったと思います

この場合、出国時の取扱いは、次のようになっています

 

「シンガポールに入国するすべての外国人は、シンガポールに入国、出国するたびに毎回親指の指紋をスキャンする必要があります。入国時にバイオスクリーンで指紋を提供した外国人は、シンガポール出国時に、自動化ゲートを一度だけ使用することができます」

 

「自動化ゲートを使用して出国する際には、旅券に出国スタンプ(証印)されませんし、出国カードは回収されません。有人の出入国管理カウンターを使用する外国人は、バイオスクリーンでの出国審査手続きを経て、出国確認のため旅券には出国スタンプが押されます」

 

以上 最新!シンガポール出国で気をつけること①2018/1でした

チャンギ空港について詳しい情報を知りたい方はこちらの記事もどうぞ

www.ultramarines.biz