うるとらスタイル

海外でパワーをもらう♪シンガポールほか現地で楽しむコツ、最新情報発信中!イベント・ライブやカフェ・レストランなど♪ほっこり・癒やしネタもお届けします!

あの有名シェフの味が?@シンガポール・レストラン出店情報

f:id:ultramarinese:20180331104503j:plain

デーモン・シェフ(Demon Chef)ことアルヴィン・ラン(Alvin Leung)さんによる広東料理のお店(Forbidden Duck)がシンガポールに4月オープン♡

 

シンガポール初出店となります!

 

▽Forbidden Duck

住所: 8A Marina Boulevard,マリーナベイ・ファイナンシャルセンター (Ground Plaza)

最寄り:MRTダウンタウン駅

Crystal Jade Prestige Restaurantのあった場所に出店の見込みです^^;

 

 

Alex Mankitさん(@amankitl)がシェアした投稿 -

アルヴィン・ラン(Alvin Leung)さんの経歴は?

英国生まれでカナダ育ちのアルヴィン・ランさん

シェフになる前はエンジニアとしてみをたて、40歳でシェフの世界にとびこみます

 

その後、なんと独学で料理をきわめ、総シェフをつとめる香港の「究極」のレストラン「ボー・イノベーション(Bo innovation)」は2018年もミシュランで三ツ星を獲得

Bo Innovation - X-treme Chinese Cuisine'

分子ガストロノミーを広東料理にとりいれ、西洋料理の手法もくしするモダンスタイルで人気を博しています!

 

そして、Forbidden duck・・

2017年12月に、香港CAUSEWAY BAY(銅鑼湾)のタイムズスクエアにForbidden duckがオープン(Forbidden Duck)

 

こちらのお店では、ディナータイムに二通りの食べ方でダックを楽しむことができます

 

一つは、パリパリの皮をたのしむ(ふつうのスタイルの)北京ダック

 

そして、もうひとつはお肉を厚めにカットしたオリジナルの「slow-cooked」スタイル

「slow-cooked」スタイルのダックは、まず低めの温度で3時間、じっくりオーブンで火をいれます

するとお肉がほどよくピンクに色づきます

その後、温度を上げ30分・・皮もいい感じのかたさになるとのこと

 

ただし、こちらの「slow-cooked」スタイルは毎日、数に限りがあるのと、注文はホールのみとなります!多めの人数で楽しみたいですね♡

 

北京ダックはハーフサイズもありまーす

 

そして、お昼は飲茶を楽しむことができます!

 

こんな、ダックをつかったお粥も♡

 

アルヴィン・ランさん自身、シンガポールは東南アジアで好きな街の一つだということ

アルヴィンさんは、インタビューの中で、

シンガポールは東西の料理がミックスされ、

「オリジナル性の高いコンセプトの料理」が評価される成熟度がある

と答えています

アルヴィンさんの料理、シンガポールで、どういう受け止め方をされるのでしょうか?オープンが待ち遠しいですね♬

 

以上「あの有名シェフの味が?@シンガポール・レストラン出店情報」でした

かわいいカフェ情報もどうぞよろしくおねがいします!!

www.ultramarines.biz

最新版ガイド!