うるとらスタイル

海外でパワーをもらう♪シンガポールほか現地で楽しむコツ、最新情報発信中!イベント・ライブやカフェ・レストランなど♪ほっこり・癒やしネタもお届けします!

行くべき名所②シンガポール

f:id:ultramarinese:20171207075723j:plain

がっかり、、という声も大きいマーライオン(上半身がライオン、下半身が魚の像)ですが、やはり、一度は見てみたい名所です(写真はマーライオンパーク)

 

①セントーサ島の巨大マーライオン

はい、こちらは、行くべき5つの名所①シンガポール - うるとらスタイルでご紹介したセントーサ島にあるマーライオン

 

こちらのマーライオンは、展望台になっていて、エレベーターで昇り降りします

高さは37mあるとのことで、外見、特に色使いもライオンっぽく、雄々しい感じです

 

私はまだ見たことがありませんが、夜はきれいにライトアップされるようなので、夜までセントーサ島で遊ぶ計画の方は、ぜひご覧ください!

 

②マウントフェーバー(Mt. Faber)公園のマーライオン

 

こちらは、行くべき5つの名所①シンガポール - うるとらスタイルでご紹介したケーブルカーの発着駅付近にある「マウントフェーバー(Mt. Faber)公園」

 

小高い山のような地形で、ここからの眺めも楽しむことが出来ます

 

緑に囲まれた公園に鎮座するこちらのマーライオン、高さは、お近くにあるセントーサ島のタワーに比べれば10分の1、3mほどです

 

③マーライオンパーク( Merlion Park)のマーライオン(大&小の2体)

マリーナベイ地区のマーライオンパークにあるマーライオン

正面にはフラトンホテルがあります

ガイドブックでマーライオンといえば、こちらになります

 

大きい方は高さ9mありますので、立派です

小さい方は高さ2m、かなり小じんまりした感じです

 

さすがに、こちらの大小マーライオン、いつ行っても人だかりがしています

 

ですので、マーライオンがはき出す水を「飲む」シーンを撮影しようとすると、少し順番待ちが必要な場合もあります

 

こちらの公園、きれいに整備されていて、水辺でとても気持ちがよいです

 

私の個人的なおすすめは、夕方、少し日差しが落ちた頃、大きいマーライオン像の近くの階段などに腰掛け、ゆっくりマリーナベイをながめることです

 

都会の喧騒をすこし忘れて、ほっとすることができます

 

④少しマイナーなシンガポール政府観光局(Singapore Tourism Board)

オーチャード駅から少し歩き、タングリン・ロード沿いにシンガポール政府観光局の建物があります

 

その敷地内に(塀の中)の植え込み?に隠れるようにして、立っています

 

こちらは、地元が長い日本人の友人に連れて行ってもらったのですが、周りに観光客もほとんどおらず、ひっそりしていました笑

 

こちらのマーライオンは他のとくらべて、クチをおおきくあけて、お耳も目立ちます

 

こんなマーライオンのバージョンも有る!ということで、オーチャードでの買い物に少しあきたら、足を伸ばしてみるのもよいかもしれません

 

以上、行くべき名所②シンガポール  マーライオン編でした

ローカルごはんの基本情報はこちら↓